Menu

婦人科一般診察

Home

生理不順、生理痛、不正出血、おりものの異常、かゆみ、悪臭

性交痛、排尿痛、尿モレ、子宮が下がっているなどなんでもご相談ください。

婦人科で多くみられる疾患の症状と治療法

カンジタ膣外陰炎

チーズ状のおりものが増加し、強いかゆみが出ます。

抗生物質服用後などに発症しやすく、繰り返しおこる方も見えます。

膣剤挿入と軟膏治療ですぐに治ります。

クラミジア頚管炎

最近増加している、性行為感染症です。

多少おりものが増加する程度で、症状は軽いですが、放置すると腹膜炎を起したり、

子宮外妊娠、不妊症の原因にもなります。

ブライダルチェックとして検査をおすすめいたします。

パートナーも一緒に治療しないと、いつまでも治りません。

パートナーの方の診断治療も施行します。内服薬で治ります。

外陰ヘルペス

ヘルペスウィルスの感染による性行為感染症です。

発熱し、外陰部に水泡が多発し、潰瘍になります。強い痛みを伴います。(特に排尿時)

パートナーと一緒に治療が必要となります。内服と軟膏治療で治ります。

月経前症候群

生理の約1週間前よりイライラ、憂うつ、頭痛、不安、ねむ気、むくみなどが出て、

生理開始と同時に症状が消失するものです。

ピルの内服が非常に有効です。

子宮筋腫

良性の腫瘍で40歳以上の方の4人に1人くらいはあると言われています。

治療が必要となるのは、生理の量が多くて貧血になる、生理痛が強い、大きい筋腫、不妊症などの方です。

症状がなくてあまり大きくない場合は、6~12ヶ月毎の経過観察でよい場合もあります。

治療は薬物療法(注射)と手術療法があります。

子宮内膜症

原因は判っていませんが、非常に増加している病気です。

本来、子宮の内側だけにあるべき子宮内膜組織が、他の部位(卵巣・腹膜など)にあり、

強い生理痛、性交痛、腰痛、不妊症の原因にもなります。

最近、いろいろな薬剤が開発されており、患者様に最適と思われる治療法を選択いたします。

手術療法が必要となる場合もあります。

子宮頸癌

子宮の入り口にできる癌で、HPVというウィルスの感染が原因で発症します。

現在、特に20~30歳代の方に急増しております。

初期は無症状ですので、定期的に検診を受けることが大切です。

HPV感染を予防するワクチンも有効です。

避妊

低用量ピル、リング、緊急避妊(アフターピル)を取り扱っております。

金子産婦人科 医院概要

〒491-0804

愛知県一宮市千秋町佐野字六法寺32番地  TEL:0586-75-0770

2019年3月より一部診療時間が変更になります。

閉院のお知らせ:令和元年12月20日をもちまして閉院させて頂きます。

長い間ありがとうございました。

ご希望の方には今までの経過を書いた紹介状をお書きしますので、閉院までに取りに来てください。