Menu

不妊症治療

Home

お一人で悩まずに、まずはご相談ください。

現在、約10組に1組のご夫婦が不妊症で悩まされていると言われています。
女性側に原因がある場合、男性側に原因がある場合が半々と言われています。

女性側の原因と治療法

【1】排卵障害(排卵がない)

排卵誘発剤や漢方薬を使用します。

 

【2】黄体機能不全症(黄体ホルモンが十分出ていない)

黄体ホルモン剤や漢方薬を使用します。

 

【3】卵管がつまっている

両側卵管がつまっている場合は体外受精が必要です。

その場合は、施行している施設をご紹介いたします。

 

【4】原因がはっきりしない

人工受精を試みたり、漢方療法を施行します。

男性側の原因と治療法

【1】精子が少ない

人工受精を施行します。

妊娠が成立しない場合は他の施設へご紹介いたします。

 

【2】性交不能

薬物療法による治療を施行します。

 

 

 

妊娠を望んでも1年以上妊娠できなかった方は是非一度ご相談ください。

不妊症は恥ずかしいことではありません。

原因が男性・女性、もしくはどちらにもある場合が考えられますので、

ご夫婦でご来院していただくと良いかと思います。

ご主人のご都合が合わない場合は、奥様だけでも結構です。

どうぞお気軽にご相談ください。

PAGE TOP

金子産婦人科 概要

〒491-0804

愛知県一宮市千秋町佐野字六法寺32番地  TEL:0586-75-0770

2019年3月より一部診療時間が変更になります。

閉院のお知らせ:令和元年12月20日をもちまして閉院させて頂きます。

長い間ありがとうございました。

ご希望の方には今までの経過を書いた紹介状をお書きしますので、閉院までに取りに来てください。

診療時間